読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ備忘録日記

主に .NET 絡みのメモを公開しています。

iBatis奮闘記-0016 (SqlMap設定ファイル)

java ibatis

現段階までのSqlMap設定ファイルの内容です。

[database.properties]

driver=org.h2.Driver
url=jdbc:h2:tcp://localhost/test;
username=sa
password=

[SqlMapConfig.xml]

<?xml version="1.0" encoding="Windows-31J"?>
<!-- vim:set ts=4 sw=4 et ws is nowrap ft=xml: -->
<!DOCTYPE sqlMapConfig
    PUBLIC "-//iBATIS.com//DTD SQL Map Config 2.0//EN"
    "http://www.ibatis.com/dtd/sql-map-config-2.dtd">

<!--
    iBatisの設定ファイル。

    このファイルが、実行時にSqlMapClientに読み込まれる。
    • >
<sqlMapConfig> <!-- 外部のプロパティファイルを読み込み、 ファイル内で${キー名}でアクセスできるようにする 【注意】指定できるプロパティファイルは一つだけとなっている. --> <properties resource="database.properties"/> <!-- iBatisのエンジンの設定を行う. maxTransactions : 最大トランザクション数を設定 maxRequests : 最大リクエスト数(maxTransactionsの10倍にはすること) maxSessions : 最大セッション数(maxRequestsより少なくmaxTransactionsより多くしておくこと) cacheModelsEnabled : キャッシュを有効にするかどうか lazyLoadingEnabled : 遅延ローディングを有効にするかどうか useStatementNamespaces : ステートメントの指定に名前空間を強制させるかどうか --> <settings maxTransactions="5" maxRequests="50" maxSessions="25" cacheModelsEnabled="true" lazyLoadingEnabled="true" useStatementNamespaces="false" /> <!-- コネクションの設定を行う。 transactionManagerを指定し、その中にdataSourceを定義する。 dataSourceタイプは、事前にiBatisにいくつかのエイリアスが定義 されている。SIMPLEはその中の一つで、SimpleDataSourceを表す。 他には、DBCPやJNDIが存在し、それぞれ指定するパラメータが異なる. --> <transactionManager type="JDBC"> <dataSource type="SIMPLE"> <property name="JDBC.Driver" value="${driver}"/> <property name="JDBC.ConnectionURL" value="${url}"/> <property name="JDBC.Username" value="${username}"/> <property name="JDBC.Password" value="${password}"/> <property name="JDBC.DefaultAutoCommit" value="false"/> <property name="Pool.MaximumActiveConnections" value="1"/> <property name="Pool.MaximumIdleConnections" value="0"/> </dataSource> </transactionManager> <!-- 自分で定義したSQL設定ファイルを定義する。 パスは、URL形式とresource形式があり、resource形式は、 クラスパスを指定する。 --> <sqlMap resource="gsf/samples/ibatis/sample001/Test.ibatis.xml"/> <sqlMap resource="gsf/samples/ibatis/sample002/ParentAndChild.ibatis.xml"/> <sqlMap resource="gsf/samples/ibatis/sample003/OneToOne.ibatis.xml"/> <sqlMap resource="gsf/samples/ibatis/sample004/DynamicSql.ibatis.xml"/> <sqlMap resource="gsf/samples/ibatis/sample005/Batch.ibatis.xml"/> <sqlMap resource="gsf/samples/ibatis/sample006/PaginatedList.ibatis.xml"/> <sqlMap resource="gsf/samples/ibatis/sample007/RowHandler.ibatis.xml"/> <sqlMap resource="gsf/samples/ibatis/sample008/QueryForMap.ibatis.xml"/> <sqlMap resource="gsf/samples/ibatis/sample009/SelectKey.ibatis.xml"/> <sqlMap resource="gsf/samples/ibatis/sample010/Dollar.ibatis.xml"/> <sqlMap resource="gsf/samples/ibatis/sample011/XMLResult.ibatis.xml"/> </sqlMapConfig>