読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ備忘録日記

主に .NET と Python絡みのメモを公開しています。

Firebird覚書-01 (インストールと最初の設定)

database firebird

.netのデータプロバイダが出てて、データベース接続が
できるみたいなのでインストールしてみました。

以下、Firebirdをインストールしたディレクトリを$FIREBIRD_HOMEと
呼びます。なお、ガーディアンは起動している事を前提としています。

  • 最初にしておく設定
    • 管理者ユーザ(sysdba)のパスワード変更
      • $FIREBIRD_HOME/bin/gsec.exeでユーザの追加・変更を行う。
      • sysdbaユーザのパスワードを変更。(初期時のパスワードはmasterkeyとなっている。)
 > gsec -user sysdba -pass masterkey
 GSEC> modify sysdba -pw 新しいパスワード
 GSEC> quit
      • 新たなユーザを追加。
 > gsec -user sysdba -pass 上で定義した新パスワード
 GSEC> add gsf_zero1 -pw パスワード
 GSEC> quit
  • Firebird ISQL TOOL (isql.exe)を利用して、データベース作成.
    • スタートボタン -> プログラムのFirebirdからFirebird ISQL TOOLを起動。
 > set names SJIS_0208;
 > create database 'c:\home\xxx\xxx\xxx\xx.fdb' user 'gsf_zero1' password 'パスワード';
 > quit;

create database時に、指定したファイルが作成されている事を確認。

  • データベースに接続. (isql)
    • Firebird ISQL TOOLを起動して、以下を入力。
 > set names SJIS_0208;
 > connect 'c:\home\xxx\xxx\xxx\xx.fdb' user 'gsf_zero1' password 'パスワード';
 > show tables;
 > There are no tables in this database.(まだ、テーブルを作成していないので当然.)
 > quit;
  • テーブルの作成.(isql)
    • Firebird ISQL TOOLを起動して、以下のように入力.
 > set names SJIS_0208;
 > connect 'c:\home\xxx\xxx\xxx\xx.fdb' user 'gsf_zero1' password 'パスワード';
 > create table memo(
 >       id       integer
 >      ,title    varchar(100) not null
 >      ,author   varchar(30)  not null
 >      ,contents varchar(4000)
 >      ,created  timestamp
 >      ,updated  timestamp
 >      ,primary key(id)
 > );
 > show table memo;
 > memoテーブルの定義が表示されます。
  • 疑問点とまだ分からない点。
    • isqlを立ち上げる度に、いちいちset namesするのが面倒。
    • 毎回毎回、DBファイルまでのパスを入力するのが面倒。(aliasが設定できるみたいだが、未確認)
    • isqlでconnectする際に、パスワードが丸見えになってしまう。