いろいろ備忘録日記

主に .NET と Python絡みのメモを公開しています。

.NET クラスライブラリ探訪-036 (System.Runtime.InteropServices.RuntimeEnvironment)(ランタイムパス取得, .NET Frameworkのバージョン取得)


System.Runtime.InteropServices.RuntimeEnvironmentクラスは
System.Environmentクラスのように、環境周りの情報を提供してくれるクラスです。


こちらは、ランタイム時の情報を取得できます。
主なものとして、以下のメソッドが存在します。

  • GetRuntimeDirectoryメソッド
    • 現在実行されている.NET Frameworkの基底ディレクトリが取得できます。
  • GetSystemVersionメソッド
    • 現在実行されている.NET Frameworkのバージョンが取得できます。


以下、サンプルです。

    #region RuntimeEnvironmentSamples-01
    public class RuntimeEnvironmentSamples01 : IExecutable
    {
        public void Execute()
        {
            //
            // System.Runtime.InteropServices.RuntimeEnvironmentクラスを利用する事で
            // .NETのランタイムパスなどを取得することができる。
            //
            Console.WriteLine("Runtime PATH:{0}",   RuntimeEnvironment.GetRuntimeDirectory());
            Console.WriteLine("System Version:{0}", RuntimeEnvironment.GetSystemVersion());
        }
    }
    #endregion


例として、以下のように出力されます。

  Runtime PATH:C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319\
  System Version:v4.0.30319


================================
過去の記事については、以下のページからご参照下さい。

サンプルコードは、以下の場所で公開しています。