読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ備忘録日記

主に .NET と Python絡みのメモを公開しています。

DevExpress奮闘記-105 (CodeRush Tips&Tricks, Code Generation – Declare Attribute, 属性生成, 翻訳)

C# DevExpress

本記事は、DevExpress CodeRush Tips&Tricks (http://www.skorkin.com/)にて公開されている


の拙訳版です。翻訳および公開にあたり、ブログ著者のAlexさんより許可は頂いています。


名前の通り、Declare Attributeコードプロバイダ(http://www.skorkin.com/2011/01/ide-tools-terminologykey-concepts/)は
未宣言の属性を生成します:
http://www.skorkin.com/files/2012/06/DeclareAttributePreview.png


生成された属性には、適切なAttributeUsage属性が追加されます。
AttributeTargetは、CodeRushのText Fields機能 (http://www.skorkin.com/2011/01/ide-tools-terminologykey-concepts/)を
利用して簡単に修正する事ができます。
http://www.skorkin.com/files/2012/06/DeclareAttributeResultStep1.png


属性の名称などが決定したら単純にエンターを押下します。そうするとナビゲーションが次の編集点である
Attribute Targetの部分に移ります。
http://www.skorkin.com/files/2012/06/DeclareAttributeResultStep2.png


Attribute Targetが適切であれば2度目のエンターを押下します。
押下すると、コンストラクタの内部に移動します。

―–
Products: CodeRush Pro
Versions: 11.2 and up
VS IDEs: 2008 and up
Updated: Jun/01/2012
ID: C167



================================
過去の記事については、以下のページからご参照下さい。

サンプルコードは、以下の場所で公開しています。