読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ備忘録日記

主に .NET と Python絡みのメモを公開しています。

EPPlusの基本的な使い方メモ (xlsx形式, Excelのインストール必要ない, COM使わない)

知り合いから、EPPlusというとても便利なライブラリを教えてもらったので忘れないうちにメモメモ。Excelを扱うライブラリなんですが、これがとても便利です。公式ページは以下になります。

epplus.codeplex.com

EPPlusはOpen XMLの仕様を元にExcelのデータ操作を行うライブラリです。

Open XMLデータを直接内部で作成してくれるのでExcelのインストールが必要ありません。その代わりに、Excel 2007より前のバージョンのExcelファイル(つまり、拡張子がxlsのもの)は扱えません。

インストールは、nugetから行えます。

$ Install-Package EPPlus

使用する場合、以下の名前空間を参照するようにします。

using OfficeOpenXml;
using OfficeOpenXml.Style;

また、フォントの設定などを行う場合、EPPlusはSystem.Drawingの方のFontクラスなどを要求するため、System.Drawing.dllなども参照設定しておく方が良いです。

いじる時間があまりなかったので、EPPlusが持っている機能を全然試せていないのですが、以下基本的なサンプルです。時間が取れたら、順次コード追加していく予定。

EPPlusの基本的な使い方メモ

実行すると、アセンブリと同じフォルダにExcelファイルが出力されます。


過去の記事については、以下のページからご参照下さい。

サンプルコードは、以下の場所で公開しています。