いろいろ備忘録日記

主に .NET と Python絡みのメモを公開しています。

ResharperのValue Originが超便利 (Resharper, Inspect, Value Origin, 値の遷移を追跡)

概要

以下のtwitterで知りました。Resharper結構長いこと使ってるくせにしらなかった・・・orz

使ってみると、確かに超便利!今まで、「この変数の値はどこで設定されてて、元ネタはどこから来てる?」って頑張って探してたのが、クリック一発になります。

使い方

上記のtweetにそのまんま書いてありますが

  • 対象となる変数で右クリックで「Inspect」→「Value Origin」ってする。
  • 対象となる変数で「Ctrl+Shift+A」で「value origin」って入力。(keyboard scheme が visual studio の場合)

とかで出来ます。結果は、「Inspection result」ツールウィンドウに出ます。

残念ながら、Riderの方には現在この機能は搭載されていません。是非搭載してほしいな。


過去の記事については、以下のページからご参照下さい。

サンプルコードは、以下の場所で公開しています。