いろいろ備忘録日記

主に .NET とか Go とか Flutter とか Python絡みのメモを公開しています。

XPipe (モダンなシェル接続ハブとリモートファイルマネージャ)

関連記事

GitHub - devlights/blog-summary: ブログ「いろいろ備忘録日記」のまとめ

概要

以下、自分用のメモです。忘れないうちにメモメモ。。。

XPipeというツールの存在を知りました。便利ですねーこれ。

xpipe.io

github.com

昨今の開発では、自分のローカルマシンであってもWSL2とかDockerとかを使って、いろいろな場所にリモート接続することが多くなってきました。

ハブとして一箇所から、いろいろな場所へ接続出来たり、リモート上のファイル達をエクスプローラーみたいに見れるので、とても便利です。

デフォルトでVSCodeとWindows Terminalを認識してくれてるのが素晴らしい。

有償ソフトですが、無償版の領域で事足りることがほとんどです。VSCodeでリモート接続して直接ファイル編集したい場合はPro版にする必要があるみたいですね。

また、無償版の条件が非商用利用の場合となっているので、商用利用な環境で利用する場合はライセンスが必要となる模様。

何気に驚いたのが Java + JavaFX で作成されていることでした。JavaFXって久しぶりに見たのですが、今はとてもスムーズな見た目とレンダリングになっているのですね。とても綺麗。

Java Swingの時代しかJavaのGUIは経験していないので、進化に驚きました。

参考情報

https://xpipe.io/pricing


過去の記事については、以下のページからご参照下さい。

サンプルコードは、以下の場所で公開しています。