読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ備忘録日記

主に .NET 絡みのメモを公開しています。

VelocityのVMファイルをクラスパスから読み込む.

java velocity

たまに使っても、よく忘れるのでメモ。

VelocityでVMファイルをクラスパスからロードするには、
velocity.properties(名前はなんでもよい)に以下の設定を行う。

resource.loader = class
class.resource.loader.class = org.apache.velocity.runtime.resource.loader.ClasspathResourceLoader

あと忘れずに、エンコーディングも指定しておく。

input.encoding=Windows-31J
output.encoding=Windows-31J

テストクラス。
Velocity.initメソッドに設定したプロパティファイルを渡すこと。
このメソッドに渡すのは、クラスパスリソースではなく、普通のファイルパス。

// vim: set ts=4 sw=4 et ws is nowrap ft=java ff=dos:
package gsf.samples.velocity;

import java.io.*;

import org.apache.velocity.*;
import org.apache.velocity.app.*;
import org.apache.velocity.exception.*;

/**
 * Velocityのサンプルクラス.<br/>
 *
 * @author gsf_zero1
 *
 */
public class VelocitySample001{

    private static final String VM_FILE     = "gsf/samples/velocity/VelocitySample001.vm";
    private static final String VM_ENCODING = "Windows-31J";

    public VelocitySample001(){
        try{

            Velocity.init(this.getClass().getResource("/velocity.properties").getPath());

            VelocityContext context = new VelocityContext();
            context.put("message", "Velocityのサンプル");

            StringWriter sw = new StringWriter();

            Template template = Velocity.getTemplate(VM_FILE, VM_ENCODING);

            //
            // merge
            //
            template.merge(context, sw);

            System.out.println(sw.toString());

            sw.flush();

        }catch(Exception ex){
            ex.printStackTrace();
        }
    }

    public static void main(String[] args){
        new VelocitySample001();
    }
}

Velocityに関して、わかりやすく説明されているサイトです。
http://www.techscore.com/tech/ApacheJakarta/Velocity/index.html


================================
過去の記事については、以下のページからご参照下さい。

サンプルコードは、以下の場所で公開しています。