読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ備忘録日記

主に .NET と Python絡みのメモを公開しています。

DevExpress奮闘記-011 XtraGaugeについてのTips (DigitalGauge,LinearGauge,CircularGauge,StateIndicatorGauge)

C# DevExpress


最近のDevExpressでは、XtraGaugeというコンポーネントセットが追加されています。
中身はゲージ系コントロールとなっていまして、なかなか見栄えもいい感じです。


てことで、ちょこっと触って見ました。でも、このXtraGaugeなんですがドキュメントが
ちょっと少ない感じがします。いきなり使おうと思ってドキュメント見てもなんかパッと
分かりませんでした。


以下、メモです。


XtraGaugeには大きく分けて以下の種類のゲージが用意されています。

  1. DigitalGauge
  2. CircularGauge
  3. LinearGauge
  4. StateIndicatorGauge

んで、それぞれが個別のインターフェースを実装しています。

  1. DigitalGaugeは、IDigitalGauge
  2. CircularGaugeは、ICircularGauge
  3. LinearGaugeは、ILinearGauge
  4. StateIndicatorGaugeは、IStateIndicatorGauge

このインターフェースを見ると値をどのように設定するのかが分かります。

  1. DigitalGaugeは、Textプロパティ
  2. CircularGaugeは、Scalesプロパティ
  3. LinearGaugeは、Scalesプロパティ
  4. StateIndicatorGaugeは、Indicatorsプロパティ


尚、ゲージはデフォルトで背景色が白に設定されています。
アプリにて利用する場合は、透過にして使う場合が多いのではないでしょうか。
透過にするには、他のコントロールと同じ方法でオッケイです。

gaugeControl1.Background = Color.Transparent;
gaugeControl1.BorderStyle = BorderStyles.NoBorder;


以下、サンプルです。後、最後に作ったサンプルプロジェクトを
アップしておきました。

using System;
using System.Drawing;
using DevExpress.XtraEditors;
using DevExpress.XtraEditors.Controls;
using DevExpress.XtraGauges.Core.Base;
using DevExpress.XtraGauges.Win.Gauges.Circular;
using DevExpress.XtraGauges.Win.Gauges.Linear;

namespace WindowsFormsApplication1 {

    public partial class MainForm : XtraForm {
        public MainForm() {
            InitializeComponent();
        }

        private void XtraForm1_Load(object sender, EventArgs e) {
            digitalGauge1.Text = "0";

            //
            // Gaugeの背景を透過にする場合はGaugeControlの以下のプロパティを
            // 設定する。
            //
            // ・Background
            // ・BorderStyle
            //
            // 以下のようなやり方もある模様。
            // (http://www.devexpress.com/Support/Center/e/E309.aspx)
            //
            gaugeControl6.BackColor = Color.Transparent;
            gaugeControl6.BorderStyle = BorderStyles.NoBorder;
        }

        private void timer1_Tick(object sender, EventArgs e) {
            //
            // DigitalGauge系は、IDigitalGaugeを実装している。
            // 値の設定は、Textプロパティを設定することで行う。
            //
            int i = int.Parse(digitalGauge1.Text);
            digitalGauge1.Text = (i + 1).ToString();

            //
            // LinearGauge系は、ILinearGaugeを実装している。
            // 値の設定は、Scalesプロパティより取得したLinearScaleComponentの
            // Valueプロパティに値を設定することで行う。
            //
            LinearScaleComponent linearScale = linearGauge1.Scales[0];
            float f = linearScale.Value;
            if (f >= linearScale.MaxValue) {
                linearScale.Value = 0.0f;
            } else {
                linearScale.Value = (f + 1.0f);
            }

            //
            // CircularGauge系は、ICircularGaugeを実装している。
            // 値の設定は、Scalesプロパティより取得したArcScaleComponentの
            // Valueプロパティに値を設定することで行う。
            //
            ArcScaleComponent arcScale = circularGauge1.Scales[0];
            f = arcScale.Value;
            if (f >= arcScale.MaxValue) {
                arcScale.Value = 0.0f;
            } else {
                arcScale.Value = (f + 1.0f);
            }

            //
            // Gaugeコントロールの各コレクション系プロパティには
            // Visitorパターンを実装したメソッドが定義されている(Acceptメソッド)ので
            // それを利用して値を設定することも可能。
            //
            VisitDelegate scaleValueSetVisitor = scaleObj => {
                f = scaleObj.Value;

                if (f >= scaleObj.MaxValue) {
                    scaleObj.Value = 0.0f;
                } else {
                    scaleObj.Value = (f + 1.0f);
                }
            };

            linearGauge2.Scales.Accept(scaleValueSetVisitor);
            linearGauge3.Scales.Accept(scaleValueSetVisitor);
        }

        private void timer2_Tick(object sender, EventArgs e) {
            //
            // StateIndicatorGaugeは、IStateIndicatorGaugeを実装している。
            // 値の設定は、Indicatorsプロパティより取得したStateIndicatorComponentの
            // StateIndexもしくはSetStateByNameメソッドより行う。
            //
            // StateIndicatorGauge系は、Indicatorsプロパティが存在し
            // その内部にStatesとStateIndexプロパティを持っている。
            // 各Indicatorは現在のStateIndexの値に対応するStateを表示する
            // ようになっている。
            //
            stateIndicatorGauge1.Indicators.Accept(stateIndicator => {

                if (stateIndicator.StateIndex == (stateIndicator.States.Count - 1)) {
                    stateIndicator.StateIndex = 0;
                } else {
                    stateIndicator.StateIndex = (stateIndicator.StateIndex + 1);
                }
            });
        }
    }
}


上記のサンプルプロジェクトは以下よりダウンロード出来ます。