読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ備忘録日記

主に .NET と Python絡みのメモを公開しています。

.NET クラスライブラリ探訪-024 (System.Enum)(Enum.Parse, Enum.Format, Enum.GetName, Enum.GetValues, FlagAttribute)


System.Enumクラスは文字通り列挙型を定義する際に使います。
C#でもVisual Basicでもenumを定義することはよくありますので
知っている方も多いと思います。


で、実際に列挙型を利用する機会は多いのですが
たいていは、識別の為の値として利用したりしますが
同じくらい、コード値としても利用したりします。


その際、文字列から列挙型を探したり、数値から対応する列挙値を
取得したりする必要があります。


列挙型の操作は、基本System.Enumクラスに定義されている
staticメソッドを使用します。


よく利用されるメソッドは以下のものでしょうか。

  • Format
  • GetName
  • GetNames
  • GetUnderlyingType
  • GetValues
  • IsDefined
  • Parse
  • ToObject
  • ToString


また、列挙値はフラグ値としても利用できます。
フラグ値として利用する場合は、以下の属性を列挙型に付与します。

[Flag]
public enum XXEnum
{
    ...
}


上記のようにFlagAttributeを付与した列挙型は

XXEnum a = (XXEnum.Value1 | XXEnum.Value2);


という風に、OR演算した上で利用できたりします。
判別する側は、

if((a & XXEnum.Value1) == XXEnum.Value1)
{
}

のようにAND演算を施して、調べます。


以下、各メソッドを利用したサンプルです。

#region EnumSamples-001
    public class EnumSamples001 : IExecutable
    {
        //
        // Enumを定義.
        //
        // フラグ値としても利用する場合はFlagAttributeを付ける.
        //
        // 基になる型は明示的に指定しない場合はintとなる。
        // 列挙定数は2の累乗で定義する方がいい模様。(MSDNより)
        // 
        [Flags]
        private enum SampleEnum
        {
            Value1 = 1,
            Value2 = 2,
            Value3 = 4,
            Value4 = 16 
        }

        public void Execute()
        {
            //
            // FlagsAttributeを付与している場合は
            // 単体の値としても利用できるが、AND OR XORの
            // 演算も行えるようになる。
            // 
            SampleEnum enum1 = SampleEnum.Value2;
            SampleEnum enum2 = (SampleEnum.Value1 | SampleEnum.Value3);

            Console.WriteLine(enum1);
            Console.WriteLine(enum2);

            Console.WriteLine("enum2 has Value3? == {0}", ((enum2 & SampleEnum.Value3) == SampleEnum.Value3));
            Console.WriteLine("enum2 has Value2? == {0}", ((enum2 & SampleEnum.Value2) == SampleEnum.Value2));

            /////////////////////////////////////////////////////////////
            //
            // System.Enumクラスには、列挙型を扱う上で便利なメソッドが
            // いくつか用意されている。
            //
            // ■Formatメソッド
            // ■GetNameメソッド
            // ■GetNamesメソッド
            // ■GetUnderlyingTypeメソッド
            // ■GetValuesメソッド
            // ■IsDefinedメソッド
            // ■Parseメソッド
            // ■ToObjectメソッド
            // ■ToStringメソッド
            //
            Console.WriteLine(string.Empty);
            
            //
            // Formatメソッド.
            //
            // 対象となる列挙値を特定のフォーマットにして取得する。
            // 指定出来るオプションは以下の通り。
            //
            // ■G or g: 名前を取得(但し、値が存在しない場合、10進数でその値が返される)
            // ■X or x: 16進数で値を取得 (但し、0xは先頭に付与されない)
            // ■D or d: 10進数で値を取得
            // ■F or f: Gとほぼ同じ。
            //
            Console.WriteLine("============ {0} ============", "Format");
            Console.WriteLine(Enum.Format(typeof(SampleEnum), 2, "G"));
            Console.WriteLine(Enum.Format(typeof(SampleEnum), (2 | 3), "G"));
            Console.WriteLine(Enum.Format(typeof(SampleEnum), (SampleEnum.Value1 | SampleEnum.Value3), "G"));
            Console.WriteLine(Enum.Format(typeof(SampleEnum), SampleEnum.Value4, "X"));
            Console.WriteLine(Enum.Format(typeof(SampleEnum), SampleEnum.Value4, "D"));
            Console.WriteLine(Enum.Format(typeof(SampleEnum), SampleEnum.Value4, "F"));
            Console.WriteLine(Enum.Format(typeof(SampleEnum), (SampleEnum.Value1 | SampleEnum.Value4), "F"));

            //
            // GetNameメソッド
            //
            // 対象となる値から、対応する列挙値の名前を取得する.
            // 対応する列挙値が存在しない場合は、nullとなる。
            //
            Console.WriteLine("============ {0} ============", "GetName");
            int targetValue  = 4;
            Console.WriteLine(Enum.GetName(typeof(SampleEnum), targetValue));
            Console.WriteLine(Enum.GetName(typeof(SampleEnum), -1) == null ? "null" : string.Empty);

            //
            // GetNamesメソッド
            //
            // 対象となる列挙型に定義されている値の名称を一気に取得する.
            //
            Console.WriteLine("============ {0} ============", "GetNames");
            string[] names = Enum.GetNames(typeof(SampleEnum));
            names.ToList().ForEach(Console.WriteLine);

            //
            // GetUnderlyingTypeメソッド
            //
            // 特定の列挙値が属する列挙型を取得する。
            //
            Console.WriteLine("============ {0} ============", "GetUnderlyingType");
            Enum enumVal        = SampleEnum.Value2;
            Type enumType       = enumVal.GetType();
            Type underlyingType = Enum.GetUnderlyingType(enumType);

            Console.WriteLine(enumType.Name);

            //
            // GetValuesメソッド
            //
            // 対象となる列挙型に設定されている値を一気に取得.
            //
            Console.WriteLine("============ {0} ============", "GetValues");
            Array valueArray = Enum.GetValues(typeof(SampleEnum));
            foreach(var element in valueArray)
            {
                Console.WriteLine(element);
            }

            //
            // IsDefinedメソッド
            //
            // 指定した値が、対象となる列挙型に存在するか否かを調査する。
            //
            Console.WriteLine("============ {0} ============", "IsDefined");
            Console.WriteLine("値{0}がSampleEnumに存在するか? {1}", 2, Enum.IsDefined(typeof(SampleEnum), 2));
            Console.WriteLine("値{0}がSampleEnumに存在するか? {1}", 10, Enum.IsDefined(typeof(SampleEnum), 10));

            //
            // Parseメソッド.
            //
            // 文字列から対応する列挙値を取得する。
            // 尚、該当文字列に対応する列挙値が存在しない場合はnullでなく
            // ArgumentExceptionが発生する。
            //
            // Parseメソッドには、以下のパターンのデータを指定することが出来る。
            // ■単一の値
            // ■列挙値の名前
            // ■名前をコンマで繋いだリスト
            //
            // 名前をコンマで繋いだリストを指定した場合は、該当する列挙値の
            // OR演算された結果が取得できる。
            //
            Console.WriteLine("============ {0} ============", "Parse");
            string testVal = "Value4";
            Console.WriteLine(Enum.Parse(typeof(SampleEnum), testVal));

            try
            {
                // 存在しない値を指定.
                Console.WriteLine(Enum.Parse(typeof(SampleEnum), "not_found"));
            }
            catch(ArgumentException)
            {
                Console.WriteLine("文字列 not_found に対応する列挙値が存在しない。");
            }

            testVal = "4";
            Console.WriteLine(Enum.Parse(typeof(SampleEnum), testVal));

            testVal = "Value1,Value2,Value4";
            Console.WriteLine(Enum.Parse(typeof(SampleEnum), testVal));

            //
            // ToObjectメソッド.
            //
            // 指定された値を対応する列挙値に変換する。
            // 各型に対応するためのオーバーロードメソッドが存在する。
            //
            Console.WriteLine("============ {0} ============", "ToObject");
            int v = 1;
            Console.WriteLine(Enum.ToObject(typeof(SampleEnum), v));

            //
            // ToStringメソッド.
            //
            // 対応する列挙値の文字列表現を取得する。
            // これまでに上述した各処理は全てEnumクラスのstaticメソッドで
            // あったが、このメソッドはインスタンスメソッドとなる。
            //
            // 基本的に、Enum.Formatメソッドに"G"を適用した結果となる。
            // (IFormatProviderを指定した場合はカスタム書式となる。)
            //
            Console.WriteLine("============ {0} ============", "ToString");
            SampleEnum e1 = SampleEnum.Value4;
            Console.WriteLine(e1.ToString());

        }
    } 
#endregion


================================
過去の記事については、以下のページからご参照下さい。

サンプルコードは、以下の場所で公開しています。