読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ備忘録日記

主に .NET 絡みのメモを公開しています。

DataGridView入門記-03 (デフォルトで用意されているカラムクラス達(DataGridViewColumnサブクラス))

C#

DataGridViewでは、セルの値を表示するコントロールがいろいろ選べます。
デフォルトでは、以下のコントロール型のカラムタイプが存在しています。

  • DataGridViewTextBoxColumn(テキスト)
  • DataGridViewCheckBoxColumn(チェックボックス)
  • DataGridViewButtonColumn(ボタン)
  • DataGridViewComboBoxColumn(コンボボックス)
  • DataGridViewLinkColumn(リンク)
  • DataGridViewImageColumn(イメージ)


さらに、独自のカラムタイプを作成することも勿論可能です。


今回は、デフォルトで用意されているカラム達のサンプルです。
なお、各カラムタイプは全てDataGridViewColumnクラスのサブクラスと
なっています。


以下サンプルです。

// vim:set ts=4 sw=4 et ws is nowrap ft=cs:

using System;
using System.Diagnostics;
using System.Drawing;
using System.Windows.Forms;

namespace Gsf.Samples.DGV{

    public class DataGridViewSample03 : BaseForm{

        DataGridView _grid;

        readonly string   IE_PATH    = @"C:/Program Files/Internet Explorer/IEXPLORE.EXE";

        readonly string[] COMBO_DATA = new string[]{
                     "java"
                    ,"c#"
                    ,"python"
                    ,"ruby"
        };
        readonly string[] LINK_DATA  = new string[]{
                     "http://www.google.co.jp"
                    ,"http://www.yahoo.co.jp"
                    ,"http://www.goo.ne.jp"
                    ,"http://www.excite.co.jp"
        };
        readonly Image[] IMAGE_DATA  = new Image[]{
                     Image.FromFile("Resources/sample-image-01.jpg")
                    ,Image.FromFile("Resources/sample-image-02.jpg")
                    ,Image.FromFile("Resources/sample-image-03.jpg")
                    ,Image.FromFile("Resources/sample-image-04.jpg")
        };



        public DataGridViewSample03() : base("DataGridViewSample03"){
            // nop;
        }

        protected override void InitializeComponents(){
            //////////////////////////////////////////
            //
            // カラムオブジェクトを一つずつ生成し指定していきます.
            //

            _grid          = new DataGridView();
            _grid.Dock     = DockStyle.Fill;
            _grid.EditMode = DataGridViewEditMode.EditOnEnter;
            // ユーザによる行の追加を禁止.
            _grid.AllowUserToAddRows = false;

            //
            // 1列目はテキストボックス(読み取り専用).
            //
            DataGridViewTextBoxColumn col1   = new DataGridViewTextBoxColumn();
            col1.HeaderText                  = "テキスト(読み取り専用)";
            col1.DefaultCellStyle.ForeColor  = Color.Red;
            col1.DefaultCellStyle.BackColor  = Color.Gray;
            // 読み取り専用
            col1.ReadOnly                    = true;
            // 自動サイズ調整.
            col1.AutoSizeMode                = DataGridViewAutoSizeColumnMode.DisplayedCells;

            //
            // 2列目はチェックボックス.
            //
            DataGridViewCheckBoxColumn col2 = new DataGridViewCheckBoxColumn();
            col2.HeaderText                 = "チェックボックス";
            // 自動サイズ調整無し
            col2.AutoSizeMode               = DataGridViewAutoSizeColumnMode.None;
            // 2ステートのチェックボックス
            col2.ThreeState                 = false;
            col2.FlatStyle                  = FlatStyle.Standard;

            //
            // 3列目はボタン.
            //
            // ボタンカラムの場合、行データにデータを指定する必要はない。
            //
            DataGridViewButtonColumn col3    = new DataGridViewButtonColumn();
            col3.HeaderText                  = "ボタン";
            col3.Text                        = "Push Me!";
            col3.AutoSizeMode                = DataGridViewAutoSizeColumnMode.DisplayedCells;
            // 全てのセルに対して、同じボタンのテキストを適用するには以下のプロパティをtrueにする
            col3.UseColumnTextForButtonValue = true;

            //
            // 4列目はコンボボックス.
            //
            DataGridViewComboBoxColumn col4 = new DataGridViewComboBoxColumn();
            col4.HeaderText                 = "コンボボックス";
            col4.AutoSizeMode               = DataGridViewAutoSizeColumnMode.DisplayedCells;
            col4.MaxDropDownItems           = 3;
            // 補完モードをON
            col4.AutoComplete               = true;
            col4.FlatStyle                  = FlatStyle.Standard;
            // コンボに表示する値を設定.
            col4.Items.AddRange(COMBO_DATA);

            //
            // 5列目はリンク.
            //
            // ボタンと同じくUseColumnTextForLinkValueがtrueの場合は、全セルの値が
            // Textと同じになります。
            //
            DataGridViewLinkColumn col5    = new DataGridViewLinkColumn();
            col5.HeaderText                = "リンク";
            col5.UseColumnTextForLinkValue = false;
            col5.AutoSizeMode              = DataGridViewAutoSizeColumnMode.DisplayedCells;
            // リンクの動作は、システムと同じにする.
            col5.LinkBehavior              = LinkBehavior.SystemDefault;
            // 一度リンク先に移動したことがある場合、リンクの色を変えるかどうか
            col5.TrackVisitedState         = true;

            //
            // 6列目はイメージ.
            //
            DataGridViewImageColumn col6 = new DataGridViewImageColumn();
            col6.HeaderText              = "イメージ";
            //
            // 残りの領域を埋めるよう、サイズ設定する.
            //
            col6.AutoSizeMode            = DataGridViewAutoSizeColumnMode.Fill;
            col6.Description             = "サンプルイメージです。";
            // イメージの配置方法を設定.
            // (Streachはクライアント領域にあわせて表示する指定.)
            col6.ImageLayout             = DataGridViewImageCellLayout.Stretch;
            
            //
            // ボタン押下イベントを設定(セルのクリックイベントはDataGridViewに追加する).
            //
            // (CheckBoxのクリックでもこのイベントは発生する.)
            //
            _grid.CellContentClick += delegate(object sender, DataGridViewCellEventArgs e){
                //
                // ボタンカラムかどうかを判断し、処理.
                //
                DataGridView grid = sender as DataGridView;

                if(grid.Columns[e.ColumnIndex] is DataGridViewButtonColumn){
                    MessageBox.Show(string.Format("{0}行目のボタンが押下されました.", (e.RowIndex + 1)));
                }
            };

            //
            // リンク押下イベントを設定
            //
            _grid.CellContentClick += delegate(object sender, DataGridViewCellEventArgs e){
                //
                // リンクカラムの場合、IEで開く.
                //
                DataGridView grid = sender as DataGridView;

                if(grid.Columns[e.ColumnIndex] is DataGridViewLinkColumn){
                    //
                    // 該当セルのデータを取得.
                    //
                    DataGridViewRow  row  = grid.Rows[e.RowIndex];
                    DataGridViewCell cell = row.Cells[e.ColumnIndex];

                    MessageBox.Show("ブラウザを起動します.");

                    Process process = new Process();
                    process.StartInfo.FileName  = IE_PATH;
                    process.StartInfo.Arguments = cell.Value.ToString();

                    process.Start();
                }

            };

            //
            // 作成したカラムオブジェクトを追加.
            //
            _grid.Columns.AddRange(
                    new DataGridViewColumn[]{
                         col1
                        ,col2
                        ,col3
                        ,col4
                        ,col5
                        ,col6
                    }
            );

            //
            // 行データを設定.
            //
            Random r = new Random();
            for(int i = 0; i < 10; i++){
                _grid.Rows.Add(
                         string.Format("readonly-text-{0}", i.ToString())
                        ,((r.Next(0, 10) % 2) == 0) ? true : false
                        ,null
                        ,COMBO_DATA[r.Next(0, 4)]
                        ,LINK_DATA[r.Next(0, 4)]
                        ,IMAGE_DATA[r.Next(0,4)]
                );
            }

            Controls.Add(_grid);

            Width  = 630;
            Height = 300;
        }

        /// <summary>
        /// アプリケーションエントリポイント.
        /// </summary>
        /// <remarks>
        /// 本クラスのテスト用にフォームを起動します.
        /// </remarks>
        [STAThread]
        static void Main(){
            Application.EnableVisualStyles();
            Application.SetCompatibleTextRenderingDefault(false);
            Application.Run(new DataGridViewSample03());
        }
    }
}


んで、実行すると以下のようになります。




ついでに、今回のサンプルをあげときました。
実行には、.net framework 2.0が必要です。
サンプル



================================
過去の記事については、以下のページからご参照下さい。

サンプルコードは、以下の場所で公開しています。