いろいろ備忘録日記

主に .NET とか Go とか Python絡みのメモを公開しています。

catコマンドのちょっとしたTips

概要

小ネタ。

大抵、最初に覚えるコマンドの一つである cat コマンドさん。

実はいろんなオプションがあって、面白いです。

行番号を付与して出力

-n オプション、または -b オプションを付与すると行番号を付与して出力してくれます。

違いは -n オプションが空行も含めて全行に行番号を振ってくれるのと、-b オプションは空行には行番号を振らないって違いです。

#!/usr/bin/env bash

#
# cat コマンドのちょっとした Tips (行番号を付与)
#
# REFERENCES:
#   - https://linuxhint.com/cat-command-linux/
#
_exec() {
    # 作業用ディレクトリ作成
    basedirpath=/tmp/try-linux/cat/with_number
    rm -rf "${basedirpath}"
    mkdir -p "${basedirpath}"

    cat << EOF > "${basedirpath}/app.go"
package main
func main() {


    println("hello Golang")

}
EOF

    # -n オプションをつけると行番号を付与してくれる
    # この場合、空行を含む全行に行番号が振られる
    cat -n "${basedirpath}/app.go"

    echo '---------------------------------'

    # -b オプションをつけても行番号を付与してくれる
    # この場合、空行には行番号は振られない
    cat -b "${basedirpath}/app.go"
}

_exec

try-linux/with_number.sh at master · devlights/try-linux · GitHub

実行すると以下のようになります。

gitpod /workspace/try-linux $ make
ENTER EXAMPLE NAME: with_number

[INPUT ] with_number
[TARGET] cat_with_number
[SCRIPT] basic/cat/with_number.sh

===== START [basic/cat/with_number.sh] =====
     1  package main
     2  func main() {
     3
     4
     5      println("hello Golang")
     6
     7  }
---------------------------------
     1  package main
     2  func main() {


     3      println("hello Golang")

     4  }
===== END   [basic/cat/with_number.sh] =====

DONE

TABを可視化

-T オプションを付けるとタブを ^I という文字にして出力してくれます。

#!/usr/bin/env bash

#
# cat コマンドのちょっとした Tips (タブを表示)
#
# REFERENCES:
#   - https://linuxhint.com/cat-command-linux/
#
_exec() {
    # 作業用ディレクトリ作成
    basedirpath=/tmp/try-linux/cat/display_tabchar
    rm -rf "${basedirpath}"
    mkdir -p "${basedirpath}"

    printf "hello\tworld\nworld\thello\n\nhello,world\n" > "${basedirpath}/hello.txt"

    # -T オプションを付与するとタブ文字が ^I として可視化される
    cat -T "${basedirpath}/hello.txt"
}

_exec

try-linux/display_tabchar.sh at master · devlights/try-linux · GitHub

実行すると以下のようになります。

gitpod /workspace/try-linux $ make
ENTER EXAMPLE NAME: display_tabchar

[INPUT ] display_tabchar
[TARGET] cat_display_tabchar
[SCRIPT] basic/cat/display_tabchar.sh

===== START [basic/cat/display_tabchar.sh] =====
hello^Iworld
world^Ihello

hello,world
===== END   [basic/cat/display_tabchar.sh] =====

DONE

行末を $ で表示

-e オプションを付けると、行末 (EOL) を $ で出力してくれます。

#!/usr/bin/env bash

#
# cat コマンドのちょっとした Tips (EOL(End Of Line)を表示)
#
# REFERENCES:
#   - https://linuxhint.com/cat-command-linux/
#
_exec() {
    # 作業用ディレクトリ作成
    basedirpath=/tmp/try-linux/cat/display_eol
    rm -rf "${basedirpath}"
    mkdir -p "${basedirpath}"

    printf "hello\tworld\nworld\thello\n\nhello,world\n" > "${basedirpath}/hello.txt"

    # -e オプションを付与すると行末が $ として可視化される
    cat -e "${basedirpath}/hello.txt"
}

_exec

try-linux/display_eol.sh at master · devlights/try-linux · GitHub

実行すると以下のようになります。

gitpod /workspace/try-linux $ make
ENTER EXAMPLE NAME: display_eol

[INPUT ] display_eol
[TARGET] cat_display_eol
[SCRIPT] basic/cat/display_eol.sh

===== START [basic/cat/display_eol.sh] =====
hello   world$
world   hello$
$
hello,world$
===== END   [basic/cat/display_eol.sh] =====

DONE

重複する空行を除去

-s オプションを付けると、重複する空行(空行の連続)を除去して一つにしてくれます。

#!/usr/bin/env bash

#
# cat コマンドのちょっとした Tips (重複する空行を除去)
#
# REFERENCES:
#   - https://linuxhint.com/cat-command-linux/
#
_exec() {
    # 作業用ディレクトリ作成
    basedirpath=/tmp/try-linux/cat/omit_empty_line
    rm -rf "${basedirpath}"
    mkdir -p "${basedirpath}"

    cat << EOF > "${basedirpath}/app.go"
package main
func main() {




    println("hello Golang")





}
EOF

    # -s オプションをつけると重複している空行を除去してくれる
    # つまり、連続する空行を一行にしてくれる
    cat -s "${basedirpath}/app.go"
}

_exec

try-linux/omit_empty_lines.sh at master · devlights/try-linux · GitHub

実行すると以下のようになります。

gitpod /workspace/try-linux $ make
ENTER EXAMPLE NAME: omit_empty_line

[INPUT ] omit_empty_line
[TARGET] cat_omit_empty_lines
[SCRIPT] basic/cat/omit_empty_lines.sh

===== START [basic/cat/omit_empty_lines.sh] =====
package main
func main() {

    println("hello Golang")

}
===== END   [basic/cat/omit_empty_lines.sh] =====

DONE

参考情報

linuxjm.osdn.jp

linuxhint.com


過去の記事については、以下のページからご参照下さい。

  • いろいろ備忘録日記まとめ

devlights.github.io

サンプルコードは、以下の場所で公開しています。

  • いろいろ備忘録日記サンプルソース置き場

github.com

github.com

github.com