いろいろ備忘録日記

主に .NET とか Go とか Python絡みのメモを公開しています。

CentOSとCentOS Streamについてのメモ

概要

最近発表されて、話題になっているCentOS 8のEOLとCentOS Streamについて個人的にメモメモ。

なんだかんだいって、日本の現場ではCentOSが使われていることが多いですからね。

これから顧客にも聞かれることが多そうな話題。

情報収集

以下、順不同で情報元。

blog.centos.org

centos.org

www.redhat.com

www.redhat.com

blog.centos.org

developers.cyberagent.co.jp

www.miraclelinux.com

最後に貼り付けているmiraclelinuxさんの記事が一番分かりやすかったです。

CentOSの立ち位置が変わるという話

今回の件で、CentOSからCentOS Streamに変わるのでローリングリリーススタイルに変わったりといろいろ変化はありますが

個人的にはCentOSの立ち位置が変わるって点が一番重要な点でした。

現状のCentOS 8 は、RedHatがオープンソースライセンスで公開してくれているRHELのソースコードを著作権とか絡む部分を除去してリビルドしているという形。

CentOS Streamは、RHELに取り込まれる前の品質テストが行われるためのディストリビューションという位置づけ。

なので、立ち位置が

  • CentOS
    • RHELと同列もしくはその後ろ
  • CentOS Stream
    • Fedora と RHEL の間

という風に変わるってことですね。なので、RHEL同等ではなく、多少unstableな部分も存在する可能性があるということ。

上のmiraclelinuxさんの記事でも書かれていますが、Debianの unstable/testing/stable と同じような関係になるということですね。

unstableがFedora、testingがCentOS Stream、stableがRHEL。

移行について

移行については、上でもリンク貼らせてもらっています

developers.cyberagent.co.jp

の記事にやり方が記載されていて、CentOSのFAQの Q7 にも記載されています。

centos.org

めっちゃ簡単ですねー。

CentOS Stream のバージョンの推移について

CentOS Stream は、ローリングリリースになるので、8.xみたいな形にリリースにならずにずっと継続的なリリースで更新されていきます。

気になるのは、CentOS Stream 8を使っている状態で、更新していくと、勝手に CentOS Stream 9 にアップデートされるかどうかって点。

この点については

blog.centos.org

に、とてもわかり易い画像があったので、拝借。

https://blog.centos.org/wp-content/uploads/2020/12/fedora-centos-stream-rhel-high-level.v4-1024x576.png

勝手にメジャーバージョンがアップすることは無いみたいですね。


過去の記事については、以下のページからご参照下さい。

  • いろいろ備忘録日記まとめ

devlights.github.io

サンプルコードは、以下の場所で公開しています。

  • いろいろ備忘録日記サンプルソース置き場

github.com

github.com

github.com