いろいろ備忘録日記

主に .NET とか Go とか Python絡みのメモを公開しています。

ターミナル上で通算秒を扱う際のコマンドメモ

概要

ついでに、よく忘れるコマンドのメモ。

バイナリデータを扱ったりする際、今でもよく通算秒を使います。

そんなとき、dateコマンドさん使うと楽です。

現在の通算秒を見るには

$ date +"%s"
1579838347

で見れます。

逆に通算秒を日付書式に戻す際もdateコマンドさんでいけます。

$ date --date "@通算秒"
$ date --date "@1579838347"

前は、echoでパイプ通してawkで見るのをよく使っていたのですが

$ echo 1579838347 | awk '{print strftime("%c", $1)}'

dateコマンドの方が個人的に楽なので、最近はdateコマンドの方をよく使います。


過去の記事については、以下のページからご参照下さい。

  • いろいろ備忘録日記まとめ

devlights.github.io

サンプルコードは、以下の場所で公開しています。

  • いろいろ備忘録日記サンプルソース置き場

github.com

github.com

github.com