いろいろ備忘録日記

主に .NET とか Go とか Python絡みのメモを公開しています。

dotnet build 時とかのロゴ表示を抑制 (--nologo -v q)

概要

以下、自分用メモです。

dotnet build を実行すると通常以下のようにロゴとかビルド対象のプロジェクトとかが出力されます。

gitpod /workspace/try-csharp $ dotnet build
Microsoft (R) Build Engine version 16.9.0+57a23d249 for .NET
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

  Determining projects to restore...
  All projects are up-to-date for restore.
  TryCSharp.Common -> /workspace/try-csharp/TryCSharp.Common/bin/Debug/net5.0/TryCSharp.Common.dll
  TryCSharp.Samples -> /workspace/try-csharp/TryCSharp.Samples/bin/Debug/net5.0/TryCSharp.Samples.dll
  TryCSharp.Tools.Cui -> /workspace/try-csharp/TryCSharp.Tools.Cui/bin/Debug/net5.0/TryCSharp.Tools.Cui.dll

Build succeeded.
    0 Warning(s)
    0 Error(s)

Time Elapsed 00:00:05.43

こんなに出力イラネって場合は、 --nologo オプションをつけるとちょっとだけ少なくなります。

gitpod /workspace/try-csharp $ dotnet build --nologo
  Determining projects to restore...
  All projects are up-to-date for restore.
  TryCSharp.Common -> /workspace/try-csharp/TryCSharp.Common/bin/Debug/net5.0/TryCSharp.Common.dll
  TryCSharp.Samples -> /workspace/try-csharp/TryCSharp.Samples/bin/Debug/net5.0/TryCSharp.Samples.dll
  TryCSharp.Tools.Cui -> /workspace/try-csharp/TryCSharp.Tools.Cui/bin/Debug/net5.0/TryCSharp.Tools.Cui.dll

Build succeeded.
    0 Warning(s)
    0 Error(s)

Time Elapsed 00:00:01.43

さらに、プロジェクトの出力もイラネって場合は -v q を追加するともう少し出力が少なくなります。

gitpod /workspace/try-csharp $ dotnet build --nologo -v q

Build succeeded.
    0 Warning(s)
    0 Error(s)

Time Elapsed 00:00:01.13

参考資料

docs.microsoft.com

stackoverflow.com


過去の記事については、以下のページからご参照下さい。

  • いろいろ備忘録日記まとめ

devlights.github.io

サンプルコードは、以下の場所で公開しています。

  • いろいろ備忘録日記サンプルソース置き場

github.com

github.com

github.com