いろいろ備忘録日記

主に .NET とか Go とか Python絡みのメモを公開しています。

誤ってエクスプローラーをタスク終了しちゃったときの復帰方法

概要

周りに知らない人が結構いたので、備忘録代わりに。

Windows使ってて、たまに誤ってエクスプローラーをタスクキルとかしちゃったりしますよねw たまに。

他にも不慮の事故でエクスプローラーが死んじゃったりしてしまうのも同じです。

そうなると、デスクトップの画面が一見死んでしまったようになります。

タスクバーも消えて何も表示されていない状態。多分画面も真っ黒とかになりますね。

この状態になったときに、以下をやると結構な確率で復帰できます。

  • タスクマネージャを表示
  • エクスプローラーを起動

タスクマネージャを表示

まずは、タスクマネージャを表示しましょう。

タスクマネージャを表示するキーボードショートカットは

Ctrl+Shift+Esc

です。これでタスクマネージャが出ます。

エクスプローラーを起動

次は、エクスプローラーを起動します。

タスクマネージャのメニューの

ファイル(F) から 新しいタスクの実行(N) をクリックします。

すると、Win+R押したときと同じようなダイアログが表示されます。

ここに

explorer

って入れてOKって押すと、エクスプローラーが起動してくれます。

これで、タスクバーとかデスクトップとかアイコンとかが戻ってくるはずです。

試してみたいときは

試してみたいときは、エクスプローラー起動した状態でタスクマネージャを表示して

そこからエクスプローラーを右クリックして タスク終了 ってやればオケです。


過去の記事については、以下のページからご参照下さい。

  • いろいろ備忘録日記まとめ

devlights.github.io

サンプルコードは、以下の場所で公開しています。

  • いろいろ備忘録日記サンプルソース置き場

github.com

github.com

github.com