いろいろ備忘録日記

主に .NET とか Go とか Python絡みのメモを公開しています。

オムニ(Omni)補完

Vim7.0に新たな補完が搭載されています。

その名も、

オムニ(Omni)補完

実際に、:he comple-omniとするとヘルプが見られます。

要は、EclipseやVS.netなどに搭載されているインテリジェンス機能が
vimで使えるようになるわけです。
現在、以下の言語がサポートされているみたいです。

  • html
  • xml
  • javascript
  • php
  • python
  • ruby(+rubyコンパイルオプション要)
  • sql(そのままだと動かなかった。別途ほかのプラグインが必要?)

特に、htmlとjavascriptは便利です。タグ名や属性がずら〜と出てきてくれるので。

使い方は、挿入(insert)モードで、CTRL-X CTRL-Oと押下すれば補完対象が表示されます。
HTMLの場合だと、例えば

  1. イベントハンドラをつけたいと思い、onまで打ったところでオムニ〜。
    1. onで始まるものがいっぱいでてきます。後は、Eclipseとかと同じ要領です。
  2. javascriptの場合も同じく、dとうってからオムニするとdocumentとかがリストに出てきます。
    1. documentまで補完した後で、またオムニすると今度はdocumentオブジェクトの属性やメソッドが見れます。